三谷幸喜作品『short cut』のレビュー【WOWOWドラマ】

ゆるゆる生活を満喫中♪台風来てて、お外は雨。今日はお家で完全ワンカットワンシーン『short cut』を観たのでレビューしました。

完全ワンカットワンシーン『short cut』のレビュー【WOWOWドラマ】

このドラマはWOWOWにて2011年に放送された作品。

当時、”三谷幸喜さんが前代未聞の撮影方法で取り組んでいる”というので話題だったのをよく覚えてます。

何が前代未聞なのかというと、

 

カメラを一度回したら、最後まで止めずに撮影仕切る

というところ。

この手法は、地上波ではCMが割り込み実現困難、故にWOWOWならでは。

というより、ひょっとしたらWOWOWのドラマをつくるのが先で、

その長時間枠を活かし切るためにこのワンカットワンシーンを生み出したのかもしれません。

どちらが真相なのかは存じませんが、とにかく1時間50分以上もカメラを回しっぱなしなんてのは観たことがない。

演じる役者もNGは許されない。

加えて撮影場所は険しい山道。セミの鳴き声がなり、暑さまで伝わってくる中、木登りしたり斜面を滑り落ちたり、アクロバティックな動きもする。

俳優の息遣いや緊迫感まで見事に収まって見応えたっぷり。

 

『short cut』の登場人物

この作品は、なんとたったの3人しか登場しません。順番にみていきましょう。

 

中井貴一演じる【夫】

エリートサラリーマンの夫。都会生まれ、都会育ち。仕事熱心で真面目。

田舎でたくましく育った妻とは対象的に、か弱く臆病な一面をもつ。

小学校の頃の夢は、宇宙飛行士になることだったが、その夢は叶っていない。

妻とは結婚して10年になるが、夫婦関係は冷めきっている。

葬儀に来たのも、仮面夫婦を演じるため。妻には感謝の気持ちを要求する。

会社近くに住み、愛人がいた気配を匂わし、どうやら妻も感づいていた模様。

妻が山の中を駆け回る姿を新鮮な目で見る。

鈴木京香演じる【妻:みさ】

エリートキャリアウーマンで、広告会社勤務。グラフィックAD。田舎生まれで上京し現在の仕事についている。普段は都内でBMWを乗り回す。

一族全員が丸顔で、それがコンプレックス。

そのせいか小学生の頃の夢は、顔が長い男性と結婚し、夫に尽くす専業主婦になることw

祖父の葬儀のために夫と共に帰郷するが、車を整備に出しておらず、森をさまようことになる。

森には周囲に人もいないため、大声で歌ったり、ショートカットとして崖を歩いたりと、今まで見せたことのないアクティブな行動をとる。

熟女の魅力たっぷり見せつけながら、どんどん野生化する。

梶原善演じる【みさの幼馴染み】

田舎産まれ、田舎育ち。都会っ子を毛嫌いしている。酪農家で、親の仕事をいずれ継がねばならないと思っている。小学生の頃の夢は、宇宙飛行士になること。

みさに想いを寄せている。

『short cut』のあらすじとレビュー

妻の祖父の葬儀のために田舎に夫婦で訪れた。ただ顔を出してすぐ帰るつもりだっただけに、着替えは持参してこなかったそうで…(汗)

用事を済ませて東京へ帰る途中、車が故障しトラブルに見舞われる。

東京へ当日中に帰るため近道の森を通過していく羽目に。

 

喪服姿のまま険しい山道を歩いていくわけですが、

その様子を完全ワンカット・ワンシーンで撮影をしています。

 

「喪服だと見た目にも危険で、かなり動きにくそう。」

 

それでも2人はアクティブに革靴とパンプスで山道を1時間半以上歩き回ります…(汗)

 

鈴木京香さんにいたっては、

ストッキングを脱ぎ捨て、生足と太ももガーターがチラリ。

さらにスカートをやぶってスリット状にし、袖をちぎってノースリーブにする。

そして川に入ったり、水を飲んだり、木登りしたり、雑草も食い散らかす…

ベテラン俳優がこれでもかと、カラダもはります^^♪

 

中井貴一は滑って転んで泥まみれ。

濡れたズボンを乾かすために下着姿にまでなっちゃいますw

ヘビも掴むし、フンを踏んづけ滑る。山肌や落ち葉の上に寝っ転がり、頭に葉っぱつけて歩いたりもする。水も口から「ぶー」っと吐き出しますw

 

しかし、ここまでとは・・・

観ると確実にイメージがガラリと変わります!

 

それくらいにハチャメチャやってくれています♪

 

どうやってこの長台詞を覚えたのか。気になる・・・

どこからがアドリブなのか。ほんとにすごい・・・!

歩く導線や次起こすアクションなども全部頭に入れてたのかなぁ。

 

ずーと、山道。

カメラはNOカットNO編集で、360度あらゆる方向から役者を撮影し追いかけまわす。

山道ですから、斜面に隠れて見切れたり、大きく迂回するためカメラの映らない場所もあったりですが、そこでも演技が繰り広げています。

 

道の途中、クマやハチ、ヘビなど動物が登場する場面では大きなリアクションをみせてくれますし、ただ夫婦喧嘩をするだけではありません。

笑いあり、涙ありの怒涛の1時間52分です。

道中、幼馴染みも登場し、恋敵のような展開もありますしw

 

まとめ

ワンカット・ワンシーンという初の試みをおこなった三谷幸喜監督作品。

少ない人数と機材で、これだけ面白い作品がつくれるのは、

「やっぱり実力派揃いだからなんだよなー」と思ってしまう。

 

ナチュラルすぎる演技が素晴らしく、ドラマというよりも演劇に近いようにも思えます。

1度で終えず、2度3度みても、新たな発見がある作品。

夫婦喧嘩で始まりますが、いろんなアクシデントを乗り越えながら、

夫は妻を見直し惚れ直し妻も歩み寄る感じ。

夫婦カップルでみると、お互いの関係を振り返るきっかけになるかも。

コメディだけで終わらないのは、三谷幸喜さんならではだなと思いました。

 

 

https://movidora.com/wowowdrama-shortcut

三谷幸喜作品『short cut』のレビュー【WOWOWドラマ】

ゆるゆる生活を満喫中♪台風来てて、お外は雨。今日はお家で完全ワンカットワンシーン『short cut』を観たのでレビューしました。

三谷幸喜作品『short cut』のレビュー【WOWOWドラマ】
診断士の勉強状況など配信中♪
>中小企業診断士にむけて独学トライ中!

中小企業診断士にむけて独学トライ中!

同じ「し業」でも現在の僕は「師業」。薬剤師の僕が、独学で中小企業診断士を取得するべく奮闘中です♪更新頻度は不定期。日記や備忘録感覚で綴っていく予定です。ご興味あればぜひチェックしてくれると嬉しいです♪よろしくおねがいします♪